Laravel4 導入編

Posted: 2013-07-11 00:12 |  laravel 
Laravel4 導入の仕方です。
php5.4(version4.2以上は5.4以降のみとなりました)、
mcrypt(もし導入されていなければ、インストールしてください)

#ubuntuなど
$ apt-get install php5-mcrypt
laravel4はPEARではなく、composerを使用します。
composerがすでに導入されていなければ、使えるようにしましょう。
curl -sS https://getcomposer.org/installer | php
composer導入後は、php composer.phar で実行しますが、
今後はcomposerを使う機会が多くなりますので、
パスを通してcomposerで実行できるようにしましょう。
$ mv composer.phar composer
composerが使える様になったら、次はlaravel4をダウンロードします。
composer create-project laravel/laravel プロジェクト名(フルパス等で) --prefer-dist
最新バージョンが常に手に入ります。

多くのPEARライブラリ依存フレームワークの様にパスを設定しないといけない、
.htaccessを書かないといけない、
などの面倒な事は一切ありませんが、
デフォルトではcacheやsessionなどはプロジェクト配下の /app/storage ディレクトリに書き込みます。
実行権限を与えなければエラーになります(真っ白画面ですね)
必ず実行権限を与えてください。

$ chmod -R 777 app/storage
これでブラウザからアクセスするとlaravel4のロゴが表示されているはずです。
導入の方法は以上です。
composerが使える環境かどうか、またライブラリダウンロードにgitを使用するため、
ともにインストールしておく必要があります。
それ以外では、導入については難しい所も無く、初めて使うフレームワークに、
または、現在使っているややこしい設定、
面倒な実装方法を必要とするフレームワークからの乗換え等
選択肢の一つとしてlaravel4を候補に入れる価値は十分にあるフレームワークです。
 

about ytake

執筆に参加しています


Laravel お役立ち情報

share



このエントリーをはてなブックマークに追加

Categories

laravel 45

DTM 0

music 0

PHP全般 31

0

JAPAN 1

WORLD 1

javascript 4

RDBMS 1

NoSQL 1

NewSQL 1

Recent Posts

Ad

comments powered by Disqus

GitHub

Social Links

Author


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Yuuki Takezawa 作『Ytake Blog』はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンス で提供されています。

© ytake/comnect All Rights Reserved. 2014