触ってみようNuoDB その1

Posted: 2014-12-24 22:10 |  NewSQL 
PHPカンファレンスのLTでも少し触れたNuoDBを触ってみようシリーズです
気が向いたときにしか書かないので紹介だけで終わるかも・・・

VoltDBとの対比は海外のこの辺のものがわかりやすいかもしれません
NuoDB vs VoltDB
NewSQLの紹介だからといって、RDBMSやNoSQLどうこうというものではありません
適材適所で、ぶっちゃけ日本国内ではまだまだこの手のものはそれほど需要が無いと思います
ノウハウが無いものを導入してチャレンジする企業はそんなに多くないと思いますし・・
そういう所があったら連絡ください!(笑)

利用自体は簡単にできますのでまずはインストールまでやってみましょう
公式サイトから落とします

ログインするか、ユーザー登録しろと言われますので、
適当にアカウントを作りましょう。
アカウントを作るとそれなりに新しい情報等が届くので、新しいアーキテクチャに興味がある方はどうぞ

ダウンロードすると、普通のソフトウェアと同様にインストールしていくので
困る事は何もありません!
adminのパスワードをどうするか聞かれるので、適当にやります
port:8888を利用して起動する様になっていますので、
変更したい方は変更しましょう
公式リファレンス
リファレンスが分かりやすいのであまり困る事は無いと思います
どこにインストールされたか分からない場合は

$ which nuodb
で調べてみてください
nuodb-rest-api.yml などが設定ファイルになっています
# NuoDB options
nuoDBConfiguration:
  # NuoDB domain user name. If blank, then Rest Svc will use the default
  # domain user, "domain".
  username:
  # NuoDB domain user password. If blank, then Rest Svc will load the NuoDB
  # home ./etc/default.properties and use the "domainPassword" property value.
  password:
  broker: localhost   # NuoDB broker address
  port: 48004         # NuoDB broker port
  metricsCacheEnabled: true
  metricsCacheSize: 20
  metricsCacheExpirySecs: 10
  productionMode: false  # whether the shared header should hide non-production tools
  nuoWebAppPort: 9001
  storefrontPath: ../samples/storefront/StorefrontDemo.war
  periodicResynchIntervalSecs: 600 # 10 minutes

# Logging settings.
# http://dropwizard.github.io/dropwizard/manual/core.html#logging
logging:

  # The default level of all loggers. Can be OFF, ERROR, WARN, INFO, DEBUG, TRACE, or ALL.
  level: INFO

  console:
    enabled: true
    threshold: INFO

  file:
    enabled: false
    # Do not write log statements below this threshold to the file.
    threshold: INFO
    currentLogFilename: var/log/restsvc.log
    archive: false
    # archivedLogFilenamePattern: ./logs/example-%d.log.gz
    # archivedFileCount: 5
    timeZone: UTC
    
  loggers:
    org.hibernate: OFF
        

# HTTP options
http:

  # The port on which the HTTP server listens for service requests.
  # Because Java cannot drop privileges in a POSIX system, these
  # ports cannot be in the range 1-1024. A port value of 0 will
  # make the OS use an arbitrary unused port.
  port: 8888

  # The port on which the HTTP server listens for administrative
  # requests. Subject to the same limitations as "port". If this is
  # set to the same value as port, the admin routes will be mounted
  # under /admin.
  adminPort: 8889

  # If specified, adds Basic Authentication to the admin port using
  # this username.
  adminUsername: null

  # If specified, adds Basic Authentication to the admin port using
  # this password. (Requires adminUsername to be specified).
  adminPassword: null
  rootPath: /api/*  # Default is /*

  # web access log
  requestLog:

    console:
      enabled: false
      timeZone: UTC
      logFormat: null

    file:
      enabled: false
      timeZone: UTC
      logFormat: null
      currentLogFilename: ./logs/requests.log
      # archive: true
      # archivedLogFilenamePattern: ./logs/requests-%d.log.gz
      # archivedFileCount: 5
それでは触ってみましょう

Automation Consoleからどうぞ
これ以上無いくらいわかりやすいインターフェースで操作が出来る様になっています
Databaseから簡単に作る事が出来ます
シングルホストなのか、マルチなのかとか色々選べます
作成したらテーブルを直接見たり、操作する事が出来ます

すごいわかりやすい!

続く


 

about ytake

執筆に参加しています


Laravel お役立ち情報

share



このエントリーをはてなブックマークに追加

Categories

laravel 45

DTM 0

music 0

PHP全般 31

0

JAPAN 1

WORLD 1

javascript 4

RDBMS 1

NoSQL 1

NewSQL 1

Recent Posts

Ad

comments powered by Disqus

GitHub

Social Links

Author


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Yuuki Takezawa 作『Ytake Blog』はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 4.0 国際 ライセンス で提供されています。

© ytake/comnect All Rights Reserved. 2014